Akai Seizaisyo Ltd.

Product

 製品紹介

プレカット加工部材販売(加工済 構造材)

プレカット加工とは、大工さんが設計図面をもとに柱や梁に墨付けをし、木材の仕口や継手を手加工で行っていた部分を、コンピューター制御による機会で全てを行い、手加工によって生じやすい品質のバラツキをなくし、現場の省力化、工期短縮を計る工場生産システム。
尚、プレカットを行うために、事前にプレカット図(施工図)が作成されて、内容の確認を行った上で木材の加工を機械で行う。

在来工法(在来軸組み工法)
工法説明:
在来工法とは、日本の伝統工法を町屋に転用した工法で、日本の家屋のほとんどがこの方法です。(木造軸組工法ともいいます。)
土台・柱・梁・小屋組み(軸組み)からなり、火打ち・筋かい等の斜材で外力(地震や台風)に抵抗する工法です。
柱や梁などの接合部分には仕口や継ぎ手といった木工技術により複雑かつ合理的に接合しているのです。
この仕口や継ぎ手は従来、大工が一つ一つ手作業で加工していたのですが、現在ではこの煩雑さを嫌い技術の伝承がなかなか進んでいないのが現状です。
この部分に機械を使用して加工するのが「プレカット」といいます。
金物工法(クレテック、P3)
工法説明:
金物工法とは、一般的な在来軸組み工法の仕口と接合部分を使わず、仕口の欠損を少なくし特殊な金物で接合する方法です。
金物工法は、便宜上、在来軸組み工法と金物工法、というように区別することがありますが、本来はどちらも「木造軸組工法」です。
ティンバーフレーム工法
工法説明:
断面の太い無垢の材木(ティンバー)で柱と梁、つまり建物の骨組み(フレーム)を組み上げるのが特徴です。
製材した木材にほぞ(凸)を施し、他方の木材に施した仕口(凹)に差し込み、木の釘(込め栓、木栓)で固定。柱や梁を組み上げていく堅固な工法です。
古い日本民家に見られる「ほぞ組工法」と同様、耐震性や経年変化に強く、また、自然素材の持つ独特の質感と香り、柱と梁が見せる室内の構造美と空間設計の自由性が魅力です。
ログ工法(角ログ、Dログ)マシンカット
工法説明:
建築基準法による規制が緩和によって、今では一般住宅として街の中にもログハウスを建てることができるようになりました。現在、住宅用として建てられているログハウスの多くはマシンカットログハウスと呼ばれるものです。
マシンカットログハウスは機械で均一に製材された丸太を積み上げるので、すっきりと洗練された外観に仕上げるのが特徴となっています。
丸太の形は角ログ、丸ログ、D型ログ、タイコ型ログなどがあり、好みによってまったく印象の違うログハウスを建てることができます。中でも多く建てられる角ログは、家の内部もすっきりとした仕上がりとなります。
マシンカットでは、コンピューター管理された工場で木材の加工(乾燥や製材、成形から加工まで)をすべて機械で行うため、ログ材のサイズが安定し、大量生産でき、ハンドカットに比べて材料費が割安になります。
また材料の加工精度が高いため、後々のメンテナンスが比較的簡単になります。

各工法の補助部材(羽柄材、造作材)の販売

羽目材及びフローリング材

羽目材
無垢フローリング

取り扱い樹種

  • ・杉、檜、赤松(国産材)
  • ・米栂、米松、米杉、SPF、サザンイエローパイン(米松材)
  • ・RW(欧州赤松) 等々

JAS規格 機会等級区分構造用製材品の販売
認定番号: JLIRA – B ・15・ 33